お知らせ

利用者の方へ
診療科について
病院紹介
リハビリのご紹介
地域支援について
年間行事
交通アクセス
お知らせ
法人について

他施設での新型コロナワクチン接種可否に関するお問い合わせについて

お知らせ

いつも当院をご利用いただき、ありがとうございます。
当初、皆さまに配布された予診票に、「その病気を診てもらっている医師に今日の予防接種を受けてよいと言われましたか。」という項目が記載されていたこともあり、現在、新型コロナウイルス接種の可否に関する問い合わせが増えています。
その後、予診票の改訂により上記項目は削除され、主治医への事前の確認は不要となっています。
※新様式は厚生労働省のホームページよりご確認ください。
それでも、接種に対して、ご心配な方もいらっしゃると思います。
そのため、当院の新型コロナウイルスワクチン接種に対する考えをお伝えします。

当院の新型コロナウイルスワクチン接種に対する考え方

一般的にご病気をお持ちの患者様であっても、ワクチン接種は可能と言われています。
ワクチンを接種できない場合は以下の場合に限定されます。

①新型コロナウイルスワクチンの成分に対して、アナフィラキシーなど重度の過敏症の既往がある方
②接種当日、体調不良の方

身体面に重度の障がいがある患者様は新型コロナウイルスに罹患した場合に重症化する恐れがありますので、当院としては重症化予防のために積極的に接種することが望ましいと考えます。
なお、接種に伴う副反応がご心配な方もいらっしゃると思いますが、現時点で知られているワクチンの副反応は以下の通りです。

①注射部位の疼痛、倦怠感(疲労感)、発熱、頭痛、関節痛・筋肉痛
②アナフィラキシー(急性のアレルギー反応)

それぞれの症状の発現割合やワクチンの種類による臨床試験や健康状況調査の結果については、厚生労働省のホームページ上の<新型コロナワクチンQ&A>をご覧ください。
①の症状の大部分は接種後数日以内に回復しますので、一般的には経過観察しますが、症状軽減目的で解熱鎮痛剤を使用する方法があります。
②に関しては、発生頻度は稀ですが、症状出現時に速やかに治療を受ける必要がありますので、接種会場において接種後に状態観察を行うことが推奨されています。

以上、当院のワクチン接種に対する考えをお伝えいたしました。
ご不明な点があり、お急ぎのご相談を希望される場合には担当医にご相談下さい。
定期外来や一般外来受診の際にも相談は可能です。
よろしくお願いいたします。

東京小児療育病院 院長

一覧へ戻る

当院の求人について

当院の求人について

各分野の募集要項をご確認のうえ、ご応募ください。
職場見学も随時実施しています。
ご興味がある方は見学だけでもお気軽にご相談ください。

医師
看護師
コメディカル

◆◇◆東京小児療育病院の看護師紹介◆◇◆

ボランティアスタッフも募集中!