利用者の方へ
診療科について
病院紹介
リハビリのご紹介
地域支援について
年間行事
交通アクセス
お知らせ
法人について

私たちの想い

院長メッセージ

院長 椎木 俊秀

東京小児療育病院
院長 椎木 俊秀

すべての人の幸せを願い
障害があっても
安心と希望に満ちた
自分らしいあたりまえの生活ができるよう
あたりまえの支援を
誠実に粘り強く続けていきます

東京小児療育病院は昭和39年4月に肢体不自由児施設として開設され、昭和45年9月に重症心身障害児施設を併設しました。現在は医療型障害児入所施設(18歳未満)、療養介護事業所(18歳以上)として重症心身障害児者(重症児者)の方を中心にした障害者支援事業を行っています。

当院は当初から障害者と家族の皆様がともに今を安心して暮らせ、将来に希望を持てるよう、支援者のお力もお借りしながら、職員をあげてその実現のために努力を重ねて来ました。

当院は様々な理由で在宅生活が困難になった重症児者の方に入所していただき、終生お世話をする施設であり、病院でもあります。気管切開、人工呼吸器、経管栄養などの濃厚な医療的ケアが必要で支援が困難な極めて重度の人をはじめ、多くの重症児者の方の支援を行っています。

在宅支援にも力を入れ、外来でたくさんの重症心身障害や肢体不自由の方、あるいは医療的ケアが必要な方の診察やリハビリテーションを行い、短期入所、通所、訪問看護なども積極的に行っています。
近年、外来では知的発達症に加え自閉スペクトラム症、注意欠如・多動症、限局性学習症などの発達障害の人や診断はつかないものの発達や生活に困難を抱えている方が急増しています。ご本人はもちろん、親御さん、保育士、先生方も対応に大変困っておられるので、そのような方たちへの支援も強めています。
障害者のライフサイクルや発達に応じたきめ細かい総合的な支援を行い、障害者とその家族の皆様に温かい支援の手を差し伸べ続けたいと思っています。

障害者の方々は、利益や生産性、効率性に偏重しがちな現代において、生きるとは何か、幸せとは何か、価値とは何かを私たちに問いかけ続け、自らの幸せの実現に努力すると同時に、多くの人を励まし、勇気づけ、行動に駆り立てています。障害者が住みやすい社会こそ、すべての人が住みやすい社会です。障害者の方々は、私たちの社会が個人の尊厳と多様性の尊重を促進、実現して行く上で大きな役割を果たされ続けています。私たちは障害者支援をとおして、そのような社会の実現(“障害者と幸せな社会の実現”)にもささやかな貢献ができればと願っています。

当院の求人について

当院の求人について

各分野の募集要項をご確認のうえ、ご応募ください。
職場見学も随時実施しています。
ご興味がある方は見学だけでもお気軽にご相談ください。

医師
看護師
コメディカル
ボランティアスタッフ募集中!