利用者の方へ
診療科について
病院紹介
リハビリのご紹介
地域支援について
年間行事
交通アクセス
お知らせ
法人について

私たちの想い

副院長メッセージ

副院長 赤星 惠子

副院長
赤星 惠子

東京小児療育病院 長期入所事業(医療型障害児入所、療養介護)

当院の入所ベッドは176床でそのうち治療ベッドが4床、短期入所ベッドが28床となり、残りの144床が長期入所(医療型障害児入所、療養介護)用ベッドとなっています。
当院では主に大島分類1~4(IQが35以下でかつ座位までの方)である重症心身障害児者を受け入れ、その中でも特に気管切開、人工呼吸器、経管栄養などの濃厚な医療ケアが必要な重症度の高い超重症児者42人(29%)、また準超重症62人(43%)を占め、これは全国あるいは東京都の重症児施設と比較しても非常に高い数字となっています。(図2.長期入所者の重症度)、(図1.長期入所者の医療的ケア(平成31年))。現在長期入所の方たちは、男性が87名、女性が57名、平均年齢は38歳となっています。入所された時点では小児でも、その後長く当院で過ごし年を重ね、中には50年以上入所され70歳を超えた方もいらっしゃいます。

病棟は、1階に東1病棟(44床)と西1病棟(48床)、2階に東病棟(42床)と西2病棟(42床)と4つの病棟に分かれています。
すずらん病棟(東1病棟)は、44床あり、そのうち長期契約入所が22床、それ以外の22床は短期入所(在宅支援)18床と治療病床が4床 となっています。年齢5歳から48歳(平均年齢19歳)で就学前のお子さんや隣の村山特別支援学校に通っている学童児たちが生活しています。子どもたちは学校に通ったり、将来の自立に向けて様々な社会経験を学びながら明るく楽しく毎日を過ごしています。天気が良い日は庭に出て日光浴やシャボン玉で遊んだりします。

こすもす病棟(西1病棟)は48床で、短期入所(在宅支援)が4床のほかは長期契約入所の方のベッドとなっています。年齢10歳から71歳(平均年齢47歳)で、ほかの病棟に比べるとお話ができたり、座位がとれたりし、比較的精神身体機能が良好な方もいらっしゃり、医療ケアを多く必要とする方と日常生活のケアが主になる方が一緒に生活しています。ここは部屋ごとのグループ活動や外出など様々なプログラムを展開し、園芸や物作りの作業、スヌーズレンなどのグループ活動のほか、個別活動で日々の生活を楽しく豊かに過ごしている生活主体の病棟です。活動の一部をご紹介しますと、余暇時間に足浴をしてリラックスしたり、活動で仮装大会を行い希望の衣装に着替えたり、絵を描いたり、ハンモックで揺れを楽しんだり、活動でボウリング大会なども行っています。医療ケアを常時必要としている方も多くいらっしゃいますが、行事・活動・外出等に参加し、笑顔あふれる楽しい毎日をおくっています。

ひまわり病棟(東2病棟)は、42床で短期入所(在宅支援)が4床のほかは長期契約入所の方のベッドとなっています。年齢は、11歳から62歳(平均年齢37歳)です。活動の一部をご紹介しますと、職員と一緒にピアノをはじめ楽器演奏をしたり、音程良く歌を歌ったりできる方もいます。散歩はみんな大好きです。気候の良い時は積極的に散歩に出かけたり、余暇時間にサウンドビーズで心地よい振動を感じ笑顔がこぼれます。ベランダで外気浴をしたり、シャボン玉遊びをしたり、七夕製作なども行います。

すみれ病棟(西2病棟)は42床で、短期入所(在宅支援)2床のほかは長期契約入所のかたのベッドとなっています。年齢8歳から72歳(平均年齢33歳)で医療ケアの多い重度の方が多くいらっしゃいます。活動の一部をご紹介しますと、行事・夏祭りに参加したり、外出で公園に行ってゆったりした時間を楽しみます。御家族の面会時は利用者さんにとっても嬉しいひと時です。皆さん、散歩は大好きで、素敵な笑顔がたくさん見られます。 誕生会では素敵な着物姿でお祝いしたり、活動にて感触遊びを行ったりします。

それぞれの病棟では、医師や看護師により治療や、医療ケア、生活介助員や保育士による食事、排せつ、入浴等の介護、レクリエーション活動等の社会参加活動支援、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、心理士などリハビリテーションスタッフによる身体能力、日常生活能力の維持・向上のためのリハビリテーションなどが行われています。特に行事は、各病棟で特性に合わせて、趣向を凝らした行事が行われています。季節ごとに新年会では、雅楽を聞いたり、夏には夏祭り・縁日遊び、秋にはみどりまつりやハロウィンを楽しんでいます。グループ活動では、3・4人のグループでショッピングモール、国営昭和記念公園、ボウリングなど希望の場所に出かけます。

皆それぞれ言葉が話せない、自分で動けない、視力、聴力が悪いなど弱い部分を持っていますが、一人一人が生かせる能力を周囲の職員さんが見つけて、アロマセラピーや入浴剤、散歩による森林浴などの嗅覚に訴えたり、冷たい、温かい、柔らかいなどの触覚に訴えたりして残されている機能を十分に生かして生活を楽しまれています。
またスタッフ間では、個々の方たちの治療やケアを評価するために、定期的に担当の職種別スタッフチーム(医師・看護士・生活介助員・リハビリスタッフ・栄養士など)による個別のケースカンファレンスが開かれ、治療方針の確認、食事の形態や摂取方法、車いすや座位保持装置、装具、マットやポジショニングの評価、生活の質をさらに向上できないかなどの検討を行っています。

図1 当院における医療的ケアの人数

当院における医療的ケアの人数

図2. 長期入所者の重症度の比較

長期入所者の重症度の比較
当院の求人について

当院の求人について

各分野の募集要項をご確認のうえ、ご応募ください。
職場見学も随時実施しています。
ご興味がある方は見学だけでもお気軽にご相談ください。

医師
看護師
コメディカル
ボランティアスタッフ募集中!