先輩メッセージ

先輩メッセージ

河内 千春

西多摩

河内 千春

スタッフ全員で利用者さんのQOLの向上に取り組める素敵な職場

当センターに就職した理由

私は当センターへの入職前は、総合病院で勤務しておりました。総合病院では脊髄損傷の回復期リハビリテーション病棟での勤務を経験し、障害児者看護に興味をもったことがきっかけで当センターを志望しました。
看護業務というと、医療機関での業務を想像してしまいがちです。しかしながら、看護師として、障害を抱えながらも日々の充実した暮らしへの携わり方もある、という看護業務の幅の広さに魅力を感じました。

現在の仕事内容

入所施設で長期入所者と短期入所者の医療的ケアと健康面のサポート、診療付添いなどが主たる業務です。
主任としては、利用者さんの、生活上での健康トラブルがないかを確認しながら、生活支援員やその他のスタッフと共に支援計画をすすめています。

働いて成長した点、良かった点、嬉しいこと

総合病院で勤務しているときは、治療のためには、患者さんに時には我慢してもらわなければならないこともある、と思っていました。
しかしながら、当センターに就職し、暮らしの中でどのように医療面のサポートができるかと考えるようになりました。
利用者さんやご家族に、より一層寄り添うようになったことが成長した点の1つと思っております。
また、一般病院とは異なり、利用者さんに長期間寄り添える職場です。長い時間を共にすることで、加齢に伴う変化や、その日の体調変化等に気づくことができるようになったことも嬉しいことの1つです。

職場の雰囲気

これまでの職場では、看護師は看護師のみのコミュニティといった印象が強かったですが、当センターは生活支援員やリハビリスタッフ等、多職種と関わることも多いことが特徴です。看護師とは異なった視点からの意見や考え方を知ることができる職場であり、スタッフ全員で、利用者さんのQOLの向上に取り組める素敵な職場だと思います。

就職を考えている方へのメッセージ

家庭と仕事の両立しやすい職場であると思います。総合病院に勤務しているころは、残業が多かったですが、現在はほぼ定時に帰宅することができ、2交代制の働き方も働きやすさにつながっています。
子どもの急な発熱等で、突発的にお休みしなければならないこともありますが、上司や同僚も柔軟に変更に対応してくださります。 私は身体障害者については、もともとある程度理解がありましたが、当センターでは精神障害や知的障害を併せ持つ利用者さんもいらっしゃり、言葉では思っていることが主張できない方もいらっしゃいます。その利用者さんが今何を思い主張しているか分かったときは、本当にうれしかったです。病院以外でも看護師として経験を積みたいと思う方には貴重な職場であると思います。
少しでもご興味をもっていただけましたら、ご気軽にご連絡ください。見学からご案内いたします!

ボランティアスタッフ募集
社会福祉法人鶴風会へ ご支援をお考えのみなさまへ
看護部ブログ にじいろ日記

ご相談・資料請求・取材依頼・各施設
に関するお問い合わせ窓口

042-561-2521(代表)FAX:042-566-3753