看護師ブログ~にじいろ日記~

2015年11月09日研修・活動の様子2年目看護師成長記録

東京小児療育病院のブログをご覧の皆さん、初めまして。
この病院で仕事をしている2年目の看護師です。
今回は、東京小児療育病院への入職を考えている方に、この病院の魅力を、私なりにお伝えしたいと思います。
自分がなぜこの病院を選んだのか思い返してみますと、まず、看護師になりたいと思ったきっかけが、私は小さい頃体が弱くて、長期間入院していた際、優しく接してくれた看護師さんの存在が非常に大きかったからです。看護学校に入学し、何度か実習で臨床の現場に出てみて、私は患者さんの在院日数が非常に短いと感じていました。移り変わりが激しくて、患者さん自身の事をよく知る前に、あっという間に過ぎていく実習の日々…

「私のしたい看護ってこういうものだったかな…?」
という疑問が浮かんできた頃、就職合同説明会で東京小児療育病院と出会いました。

この病院は、長期にわたって入所している重症心身障害児者と関係性を築きあげながら看護をしていくことができます。
実際に入職してみて、 次第に打ち解けていき、利用者さんが笑顔を見せてくれるようになったり、自分を頼ってくれるようになったと感じた時、とても嬉しかったです。
また、年中行事や、グループ外出等の行事もあり、利用者さんが、普段と違う環境で、一緒に楽しむことができます。

利用者さんの多くは、 自分で身体を動かしたり、お話したりする事ができません。 痛みや苦しみだけでなく、楽しいことやこうありたい、と思うことが、他者に分かってもらいにくいというのは、とても辛いことだと思います。長く関わりあっていく中で、その利用者さんの身体の機能や、生活、人生そのものが、どうしたらより良いものになっていくのかを共に考えていける、この病院の看護師になる事を選んで、私は本当に良かったと思っています。

私と同じように、ゆっくりと患者さんを理解していきたいと考えている方がいらっしゃいましたら、是非一度見学にいらしてくださいね。 一緒に利用者さんの生活に寄り添っていける仲間を、皆でお待ちしています。